中国

工業情報化部はこのほど、中国広播電視網絡有限公司に「基礎電信業務経営許可証」を発行した。これにより同社は、中国移動、中国聯通、中国電信に続く第四の通信インフラ事業者となった。

同社は2016年の事業戦略として「ブロードバンド広電」を打ち出しており、インターネットのインタラクティブ化、ブロードバンド化、スマート化を積極的に推し進めるとしている。またIPTV事業への投資を増やし、家庭向けの娯楽市場を開拓する計画も明らかにしている。

同社の関係者は、今回の経営許可証の取得によって事業戦略がいっそう加速するだろうとコメントしている。