中国

タクシー配車アプリの滴滴快的が、約10億ドルの資金調達を計画している模様だ。同社の関係者が明らかにした。

同社は今回の資金調達で、中国市場におけるUberとの競争を有利に展開したいと考えているという。調達した資金はタクシードライバーや乗客へのキャッシュバックなどに充てるという。

しかし最近はベンチャーキャピタルの投資熱が冷めており、特に中小ベンチャー企業に対しては投資を避ける傾向があるため、計画通り資金調達ができるのか不安視する声もあるようだ。

同社は2015年9月に30億ドルの調達に成功している。