中国

光環新網(SINNET)がこのほど公表した、2015年の財務報告書の速報によれば、売上は5.92億元で、前年同期に比べ36.13%増加した。通信サービス業の平均売上成長率は10.03%だが、これを大幅に上回った。営業利益は1.09億元で、同2.20%の減少となった。

同社は営業利益が減少した理由について、上海嘉定グリーンクラウドコンピューティング基地の建設プロジェクトの前期費用に加えて、新業務の市場開拓コストと融資コストの増加が原因だと分析。

また売上が好調に推移したことについて、IDCと付加価値サービスの販売が順調で、政府の補助金を得たこともプラスになったと説明している。