中国

工業情報化部はこのほど、2015年の電信業務の概算売上が1兆1251億4000万元になると発表した。

2015年は売上に占める非音声通話業務の割合が前年の58.2%から68.3%へと増加し、モバイルデータ通信とインターネット業務の割合も前年の23.5%から27.6%に増加した。

3Gおよび4G契約はモバイル契約件数全体の60.1%となり、前年より14.8ポイント上昇した。また8M以上のブロードバンド接続を利用するユーザーは全体の69.9%で、光回線の利用も50%を突破した。IPTVの契約件数は4589.5万世帯となっている。

音声通話業務では、全国の電話契約数は15.37億件で、前年に比べ0.1%とわずかな伸びとなった。このうちモバイル契約数は同1964.5万件増の13.06億件で、普及率は100人当たり95.5台となった。固定電話契約数は2.31億件で、前年より1843.4万件減少した。普及率は100人当たり16.9台に減少している。