IDC

浪潮集団の孫丕恕董事長兼CEO(最高経営責任者)は、このほど開かれた第2回世界インターネット大会で行われたインタビューで、100億元を投じて全国にデータセンター(DC)を複数建設する計画を明らかにした。

具体的には全国に7つのコアとなるクラウドDCを建設し、さらに50都市にクラウドDCを新設することで、全国の200の地方政府、40の行政機関、200の大型企業にクラウドサービスを提供するという。

孫董事長は、中国のクラウドサービス市場は世界で最も成長が早く、市場規模も最大だと述べ、クラウドサービス提供企業にとってはまたとないビジネスチャンスが訪れると期待を示している。