中国

網易が運営する価格比較サービスの「恵恵購物助手」が、「双十一」の期間中、利用できなくなっている。公式微博(Weibo)では「あなたもご存じのとおりの理由で」と述べるにとどまっており、遅くとも16日までに再開できる見通しだとしている。

このWebサービスは、ユーザーが気になる商品の価格動向が一目でわかり、最も安いネットショップにワンクリックでアクセスできることから、多くのユーザーが利用している。しかし「双十一」のセール直前から、天猫(Tmall)と淘宝網(Taobao)に関する価格比較機能が利用できない状態が続いており、EC最大手の阿里巴巴が何かしらの圧力をかけたものとみられる。

同様のサービスはインターネット上に複数あるが、利用できない状態になっているのは「恵恵購物助手」だけだ。