IDC

湖北省咸寧市政府が建設を進める新データセンター(DC)が、2016年にも稼働を始める見通しであることが、このほど関係者の話で明らかになった。

新DCの建設にあたっては、阿里巴巴集団や騰訊計算機系統有限公司など20社以上が技術支援を行っている。

10月末時点ですでに30を超える市直轄企業が利用する意向を明らかにしており、これには市委組織部の総合評価システムや市地税局の税源システムなども含まれるという。また政務ビッグデータやクラウド政務サービスの運用拠点としても活用される予定で、年明け早々に稼働試験を行い、2016年中の正式稼働を見込んでいる。