クラウド

阿里巴巴集団はこのほど2015年第2四半期(4-6月)の財務報告を発表した。同期間中の阿里雲の売上は4.85億元で、前年同期比106%の大幅な伸びとなった。クラウドサービス事業者としては世界で最も成長スピードが速く、数年以内にも同分野でアマゾンを追い抜くとみられている。

アマゾンAWSの利用者は世界中に100万人ほどだが、阿里雲の利用者数はすでに140万人を超えており、中国パブリッククラウド市場のシェアは29.7%に上る。阿里巴巴集団も阿里雲の成長を最優先戦略と位置付けており、7月には60億元の増資に踏み切った。

阿里雲はすでに全国の10を超える省レベルの政府と戦略的提携を行っているが、一方のAWSは中国市場における正規ライセンスを受けられないでいる。阿里雲は海外拠点の拡大にも力を入れており、北米市場でもシェアを伸ばすことが期待される。