中国

阿里雲はこのほど、検索サービスOpenSearchをリリースした。同社が長年に渡って蓄積した検索技術を開放したもので、これを利用すればわずか1日で検索サイトが構築できるという。

同サービスは海外の同類製品に比べ10分の1ほどの価格で利用できるうえ、テスト期間中は無料となる。すでに威鋒網や宝宝樹などが利用している。

阿里雲の王文彬総裁は、阿里巴巴が蓄積してきた技術を今後サービスとしてさらに開放していく方針を明らかにしている。