クラウド

騰訊雲はこのほど北京で、新規創業者を支援する「クラウド+計画」を発表した。

騰訊の邱躍鵬副総裁は今回の計画について「1人につき2年間で最高100万元の支援金を提供するが、単なる支援計画ではない。ビジネスの基礎的なトレーニングからやサービス実務まで全面的な支援を行う」とアピールした。

今後はアプリ開発会社、データサービス提供会社、ハードウェアメーカー、コンサルティング会社等とパートナーを組み、本計画を中心とした「クラウド+」生態圏の構築を強化するとしている。