IDC

インドの通信大手、Tata Teleservicesはこのほど、子会社であるデータセンター(DC)運営会社を売却する意向を明らかにした。今回の売却は債務の削減が狙いで、取引価格は5億ドルを超えるとみられる。

同社は投資銀行の米Jefferies Group を通じて、インド国内および海外の44の地域でDCの売却先を探している模様で、日本のNTTやプライベート・エクイティ・ファンドのProvidence and Adventなどが関心を示している。

売却予定のDC運営会社の年間売上は1.5億ドルで、営業利益はおよそ4000万ドルに上る。米国、イギリス、シンガポールにDCを所有しており、主にホスティングサービスとストレージサービスを提供している。