ビッグデータ

市場調査会社Net Applicationsが発表したデータによれば、2015年6月の世界のOS利用状況はWindowsが90.85%のシェアを占めトップだった。MacOSは7.54%、Linuxは1.61%だった。

バージョン別でみると、Windows7が60.98%と最も多く、続いてWindows8.1が13.12%、Windows XPが11.98%、MacOS X10.10が4.54%、Windows8が2.90%だった。