中国

阿里雲は6月15日までに、慧科教育集団と共同で阿里雲大学合作計画「AUCP(Aliyun university cooperation program)をスタートさせた。まずは全国の大学8校でクラウドコンピューティングとデータ科学に関する専門コースを開設して、新たな「インターネット+教育」生態圏の構築を目指す。

最初の対象となったのは、北京航空航天大学、浙江大学、復旦大学、上海交通大学、西安交通大学、南京大学、武漢大学、華南理工大学の8校で、今後3年以内に100校へと拡大する。さらにこの「インターネット+教育」モデルを全国の大学300校に導入し、クラウドコンピューティングの専門技術者を5万人規模で育成する計画もある。