IDC

6月6日に青雲(QingCloud)が運営するデータセンターの一部がダウンしたトラブルについて、同社は悪天候が原因だと釈明した上で、利用者データの消去や漏出といった問題はないと強調した。

トラブルが起きたのは同社DCの広東1区と呼ばれる部分で、6日の13時50分ごろに全てのサーバーがダウンした。当日は天候が悪く、雷によってUPSに異常が生じたためにラックへの電源供給が遮断されたものとみられ、現在詳細を確認中だとしている。

トラブルが発生した広東1区は当日の16時半までに復旧しているが、当該エリアを利用していたユーザーのサービスは復旧までおよそ2時間半に渡って利用できない状態が続いた。