クラウド

雲南省はこのほど、阿里巴巴集団と戦略的協力協議に合意した。阿里巴巴のクラウドサービスやビッグデータを活用して、雲南省の観光業を盛り上げるほか、都市サービスや医療サービスを展開するという。

協議では、雲南省が阿里雲の「飛天」を利用して民生サービスや社会保障サービスを管理することに合意。さらに「インターネット+旅行」を提携の重点に置き、雲南省の政府部門が保有する観光関連データを公開することにも合意した。順次、自動発券システムや駐車場管理システム、地図情報サービスの高徳地図とも提携して、旅行客に便利でタイムリーな情報提供を行うサービス基盤を整える計画だ。

現在までに浙江省、貴州省、甘粛省など14の省と市が阿里雲を導入しており、すでに阿里雲上で交通、医療、社会保険、旅行など1500を超える政務サービスが提供されている。