ASEAN

タイ政府はこのほど、8月に4Gライセンスの入札を行うと正式に発表した。900 MHz と1800 MHzが対象で、それぞれ2社ずつ、合計4社にライセンスを発行するとしている。

チェンマイ大学の研究報告書によると、ライセンスを取得した企業は1600億タイバーツ(約48億ドル)を投じて4Gネットワークを建設する。入札の最高価格は500億タイバーツ(約15億ドル)になる予想で、管轄するタイ国家放送通信委員会(NBTC)は610億タイバーツ程度の収入を得るとみられる。

なお商用化が始まるのは2016年4月以降になる見通しだ。