クラウド

青雲(QingCloud)はこのほど、招商銀行に次世代DevOpsソリューションを提供すると発表した。

青雲は自主開発したクラウドプラットフォームとリソース管理技術を用いて、招商銀行向けに次世代DevOpsアプリクラウドを開発した。青雲の黄允松CEO(最高経営責任者)は、「青雲は創業当初から企業ユーザーをターゲットに機能を強化してきた。セキュリティに厳しい大手金融機関である招商銀行が今回クラウドサービスの利用に踏み切ったことは、中国国内のクラウドサービスの品質と技術レベルが十分な水準に達したことを意味する」とコメントしている。

青雲は国内外の3万社を超える企業が利用しており、中大型企業や政府機関にソフトウェアを含む総合クラウドソリューションを提供している。