クラウド

海関総署がこのほど発表した公告によれば、阿里雲が「金関工程二期」のビッグデータプロジェクトを落札したことがわかった。落札価格は8568万元だった。

国務院が実施する「金関工程二期」において、ビッグデータプロジェクトは重要な一部とされており、二期ではモノのインターネットおよびクラウド技術を利用して全国の税関に輸出入企業の信用管理システムや物流監視システムを含む監視指揮システムを構築する計画だ。期間は5年で、投資規模は40.95億元を予定している。

入札結果について阿里雲は「海関総署の公告通りである」とコメントするにとどまっている。