ビッグデータ

エネルギー大手の中国石化が、阿里巴巴とクラウド関連分野で提携することが、このほど明らかになった。詳細は後日改めて発表するとしている。

関係者によれば、中国石化は阿里雲を利用して内部情報システムを整備すると共に、ビッグデータを活用して産油量を増やす取り組みを進める。併せて両社は決済システム、車のインターネット、EC、O2Oといった分野でも幅広く協力する方針だ。

阿里巴巴の王堅首席技術官は2014年末に中国石化を訪問して以来、同社幹部らとの交流を深めており、王首席技術官は同社が収集する給油データの活用に興味を示していた。