中国

スペインで開かれた世界最大規模の携帯通信見本市「モバイル・ワールド・コングレス2015 (MWC 2015)」で、中国移動(チャイナモバイル)、日本のNTTドコモ、韓国のKTの3社は共同で5G分野における協力を盛り込んだ共同宣言を発表した。3社は4Gでも同様の協力を行っていた。

声明では、3社は共同でアジア市場のニーズに基づいた新たな5Gビジネスの創出に取り組むとともに5Gの基幹技術及びシステムの共同検証を進め、5G標準の制定に向けグローバル機構と協力をおこなうなどとしている。

3社は2011年に事業協力契約(SCFA)を締結しており、3カ国間における国際LTEローミングやコンテンツの相互提供を行っている。