中国

企業向けにドメインやホスティングサービスを提供する三五互聯の業績が落ち込んでいる。同社がこのほど発表した2014年度の業績報告速報によれば、2014年度は営業利益が前年の半分にまで減っており、株価にも大きな影響が出ている。

速報によれば、通年の売上は2.81億元で、前年同期比3.3%減少した。営業利益は123.26万元で、同89.89%の大幅な減少となった。利益総額は626.31万元で、同59.76%の減少となった。親会社株主に帰属する純利益は620.71万元で、同54.88%の減少、1株当たりの利益は0.02元で、同50%の減少となった。

同社は利益が大きく減少した原因として、傘下子会社の北京中亜互聯科技発展有限公司と北京億中郵信息技術有限公司の純利益が減少したことを挙げている。