台湾

台湾最大の通信キャリア、中華電信はこのほど、台湾に拠点を置く大手PCメーカーの宏碁(Acer)と提携し、企業向けのクラウドベース通信プラットフォームの開発を行うと発表した。

中華電信によれば、共同開発する新しい通信プラットフォームを利用すれば、セキュリティの高い通信サービスが実現できるだけでなく、高機能な企業向けプライベート電話網やマルチメディア端末といったサービスの提供も可能で、より効率的な統合ネットワークソリューションを必要とする国内及び海外の企業をターゲットとしている。