中国

阿里巴巴グループの阿里通信はこのほど、携帯電話番号をもう一つ持つことができるアプリ「親心小号」の公開テストを始めた。個人の電話番号をむやみに公開しなくて済むため、ネットショッピングなど安心して利用できるという。

「親心小号」で取得したサブ番号は、通常と同じように電話をかけたり、ショートメールの送信や受信が可能で、利用時間や受信拒否などを個別に設定することもできる。

サブ番号を取得した当日の24時までは無料で、長期間利用したい場合は3日ごとに延長費用を支払うか、毎月あるいは3カ月ごとの契約を選ぶこともできる。サブ番号を使った通話やショートメールの送受信には、メインの電話番号と同じ料金プランが適用される。

alihp

(画像は阿里通信の公式サイト