クラウド

米IBMはこのほど、中国電信との合作協議に合意し署名した。中国電信の中小企業向けに安全かつ費用対効果の高いSAPクラウドベースアプリケーションを共同で提供する。まずは広東省の顧客を対象とし、将来は長江デルタ地帯、珠江デルタ地帯、北京や天津などの重要都市へと広げる計画だ。cloudstrategymag.comが伝えた。

IBMはSAPの導入から運用に必要な様々なツールを提供し、担当者向けのトレーニングやカスタマイズなども行う。サービスを導入すれば、既存アプリケーションを稼働したままクラウド上へ移行したり、その他のアプリケーションとの統合が行える。またシームレスな管理も可能になるとしている。