中国

中国移動の4Gサービスが上海で好調だ。上海の4G契約数は100万件を超え、毎日平均1万人のペースで新規ユーザーが増えている。2014年末には契約数が200万人を突破する見通しだ。idcquan.comが伝えた。

上海移動は4Gサービスのメニュー見直しを進めており、10月には通信料のさらなる値下げを行う予定だ。上海移動では4Gへの切り替えを進めるため、5つの方法でSIMカードを交換できるようにしており、交換手数料は2014年末まで無料としている。

また4G基地局も約7000万か所あり、人口カバー率はすでに90%を超える。現在のカバーエリアは、外環の内側のエリアおよび外環の外側にある鎮の中心部や上海自由貿易区内に限られるが、引き続きエリアの拡大を進め、2014年末にはエリア総面積が2411平方米に達するという。室内でも安定した通信ができるよう室内アンテナの設置にも積極的で、すでに約2000カ所を設置しており今年末までにさらに2000カ所に設置する計画もある。

上海移動が現在取り扱う4G専用端末は、700元以下が約30機種、700元から1500元が約40機種、1500元以上が約40機種あり、最も安いものは399元となっている。年末までにさらに300機種以上の発売を予定している。